Live Chat


Java開発に驚きの操作性と快適さを。賢いオートスケール、簡単デプロイ、全アプリ対応、最高の環境がここに。

Java開発に特化した次世代クラウドサービス「Jelastic」

Jelasticは、Java開発に特化した次世代クラウドサービスです。全てを左画面のようなグラフィカルなビジュアルで操作可能。PHP版にも対応!今まで苦労していたサイトデータやプログラムのサーバーへの展開が容易になりました。

簡単サーバー設定
クラウド環境を秒速セットアップ!
サーバー作成の手順はここまで簡単に。
簡単ワンクリック デプロイ
アプリケーションパッケージをアップロードし、適した環境を選ぶだけ。時間節約にもとても効果的。
簡単オートスケール
Jelasticはサーバーにかかる負担に合わせて、速やかにリソースを自動変更してくれます。そのCPUやRAMの変更は数秒で完結し、再起動や再デプロイなども必要ありません。
簡単アプリケーションライフサイクル管理
開発⇒検証⇒実際に運用、この過程を自ら管理することで、全環境で同一のソフトウェアスタックとトポロジーを保有することができます。
Jelasticは、アプリケーションを分析し監視する豊富なツールでサポート致します。

PHP or Javaで、

今すぐ無料体験!

※現在は、Firefox、Chromeでのみご利用いただけます。他ブラウザーは順次対応となります。

数分で分かるJelastic

Javaをクラウドにデプロイする
Javaをクラウドにデプロイする
はじめにJelasticのJavaアプリケーションサーバと動作環境の簡単設定方法をビデオチュートリアルでご覧いただきます。
Javaアプリケーションのオートスケール
Javaアプリケーションのオートスケール
ソースコードを一切修正せずに、どんなJavaアプリケーションでも縦方向スケーリングが自由自在です。
独自のドメインをJavaサーバに利用する
独自のドメインをJavaサーバに利用する
Jelasticサーバでは、独自のURLをJavaアプリケーションに割り当てられます。

あなたの開発力を加速するさせるPaaS 画期的アプリには、画期的な環境を!

今までは本当に満足できるJavaホスティングサービスは存在しませんでした。Javaアプリをアップロードするのは一苦労。クラウド上で稼働させる簡単な方法もなく、クラウドソリューションはいくつかあっても、ソースコードの変更が必要とされ、一度利用すると不満であったとしても他社へ移ろうとすると再度開発時間を費 やしソースコードを変更してからでないと他の環境には移ることはできません。

そこでJelastic PaaSの誕生により、Javaホスティングは誰にでもできる簡単なものに生まれ変わりました。ソースコードの変更やベンダー依存の心配はいりません。 Jelasticをご利用いただくと、サーバ構築やリソース管理の苦労から解放され、Java開発に集中し、他社より圧倒的な安さ: Jelasticではコンテナを利用した仮想化技術でプラットフォームを稼働しています。
そのため従来の仮想環境より効率よく稼働し無駄なくホストサーバーのリソースを配分できます。 従って競合では実現できない価格での提供が可能になりました。

費用と時間の節約に最適

費用と時間の節約に最適
一般メンテナンス、環境設定、および運営タスクは自動的に行われ、アプリケーション開発時には特別な要件や制限も課せられることはありませんので、追加開発費も一切かかりません。Jelasticはご利用方法が簡易である上、Javaクラウドプラットフォームを最安値で手に入れることが出来ます。今やサーバー環境の未来はここにあります。

PHP or Javaで、

今すぐ無料体験!

※現在は、Firefox、Chromeでのみご利用いただけます。他ブラウザーは順次対応となります。

料金設定

Jelasticの料金は、基本的に「クラウドレット」(Cloudlet)でリソース容量を測定します。
サーバー作成時に「クラウドレット」の上限を決めたら、その範囲内で実際に使った分のみ請求される仕組みです。

アイテム 容量 価格
Cloudlet 128MB RAM,
200MHz CPU
1.0円/1時間
Storage 1GB HDD 0.02円/1時間
(10GBまで無料)
グローバルIP(v4) 1 IP 0.7円/1時間
(※1個無料)
転送量
13円/1GB
「クラウドレット」(Cloudlet)
・・・1つの容量はおよそ128 MB RAMおよび200Mhz CPUコアに相当します。
「ストレージ」(Storage)
・・・消費されたディスクスペースの容量です。ストレージ1つの容量は1GBに相当します。
「グローバルIP(v4)」
・・・クラスター外で使用できる外部IPアドレスです。
「SSL」
・・・クライアントとJelasticの環境間の安全な接続を確立するプロトコルです。

クラウドレットおよびストレージ、グローバルIP(v4)およびSSLの利用に対する1時間あたりの「料金設定」はホストサーバごとに定められています。


課金は全て、動作期間に消費されたクラウドレットやストレージの最大数に応じて1時間ごとになります。
使用数、使用時間は切り上げられます。
使用していない時間は、最低限のクラウドレット数1つ分のみの課金となります。