バックアップで撃退!サイバー攻撃の波

手口や種類が多様化し、ますます日頃の対策が重要になってきている、サイバー攻撃。今や、大企業のみならず中小企業でも、被害発生件数は急増しています。攻撃を防ぐための事前の予防策が大切なのは言うまでもありませんが、万が一サイバー攻撃を受けてしまっても、データをしっかり復元できるような状態になっているかどうかも、サイバー攻撃対策における見逃せないポイントです。

 

仮にサイバー攻撃の被害にあってしまった場合、貴重なデータを復元させるためには、普段から欠かさずバックアップをとっておく必要がありますよね。そして、バックアップからの復元を効果的に実施するには、クラウドバックアップサービスが最適なのです。今回は、とある企業の実際の事例をご紹介します。

日頃からのバックアップが非常時の命綱に

今回ご紹介する事例では、被害にあった企業のオフィスにおいて、スパムメールのリンク経由でランサムウェアがインストールされてしまい、社内サーバーのファイルが暗号化され、閲覧もアクセスもできなくなってしまいました。

 

犯人は、ファイルに再びアクセスしたければ「身代金」を払う必要があるとして、多額の金銭を要求。しかし、実際に身代金を支払っても、本当にファイルの暗号化が解除されるかどうかはわかりません。そこでこの企業は、普段使っているクラウドバックアップサービスのプロバイダに連絡を取り、対応を依頼。結果として、身代金を一切払わずに、すべてのデータを無事、復元することに成功したのです。

 

被害が発生した場合の対応とは

ランサムウェアへの感染が発覚したとき、まずすべきなのは、いつもの定期的なバックアッププログラムを一時停止することです。感染後も普段通りバックアップを続けてしまうと、感染前のファイルが、暗号化されたファイルで上書きされてしまう危険性があります。

 

また、バックアップを長い期間とっていれば、データの複数バージョンのコピーが作成されていることになるため、ファイル復元の成功率は上昇します。サイバー攻撃によってビジネスが大打撃を受けてしまわないよう、今すぐ行動することが肝要です。

 

増え続けるサイバー攻撃

サイバー攻撃やウイルス感染のリスクは近年上昇の一途をたどっており、手口も年々巧妙になってきています。特に、今回ご紹介した事例のように、いわゆる「身代金要求型」のサイバー攻撃である「ランサムウェア」の被害が急増中です。

 

ランサムウェアの脅威に対して万全の対策を取ろうとするのであれば、クラウドバックアップサービスの利用を真剣に検討する必要があるでしょう。使えるねっとでも、セキュリティにこだわったクラウドバックアップサービス、「使えるクラウドバックアップ」をご提供中。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

使えるクラウドバックアップ

admin President, XYZ Pte Ltd
About the Author
Share: