導入はこんなに簡単!使えるCloud Backupのご紹介

かつてはバックアップと言えば、ハードディスクやテープなどの記録メディアにデータをコピーし、それを自分たちで管理するというのが一般的でした。しかしその方法だと手間やコストがかかりますし、万が一災害などの被害に遭ってしまえば、バックアップデータが消えてしまいかねないという弱点もありました。

そうした中、最近人気が高まっているのが、クラウド型のバックアップサービスです。災害にも強く、運用コストも抑えられるため、中小企業から大手企業まで、幅広く導入が進んでいます。

今回は、数あるクラウド型バックアップサービスの中でも特にセキュリティにこだわりがあり、簡単な手順を踏むだけで設定完了してしまう「使えるCloud Backup」のメリットや特徴、そして導入方法をご紹介します!

あらゆるデータを手軽に守る

使えるCloud Backupの特徴は、何と言っても「手軽に、安全に、低コストで」データを守ってくれるという点です。使えるCloud Backupなら、サーバーの機能・セキュリティから運用体制、ロケーションにいたるまで徹底的にこだわった高品質なバックアップサービスを、これまでの常識では考えられなかったような低コストで利用することができます。

そして使えるCloud Backupをさらに特徴づけているのが、その導入の簡単さ。複雑な手順や知識は一切不要で、たった数分間の初期設定さえ済ませれば導入できてしまいます。

導入はたったの4ステップで完了!

それでは、簡単に実際の導入手順をご紹介していきましょう。最初の設定は、たったの4ステップで完了します。

まずは、アカウントの作成です。使えるCloud Backupのコントロールパネルにアクセスし、必要な情報を入力します。ユーザー名などほんの数箇所の項目を埋めるだけなので、とても簡単です。

次に、エージェント(専用のソフトウェア)をインストールします。ソフトウェアは、管理画面からすぐにダウンロードすることができます。インストールが終わると、管理画面のコンピュータ一覧に、そのパソコンが登録されます。

インストールしたら、管理画面でバックアップを取るパソコンを選んで、「バックアップ」というボタンを押します。デフォルトで最適なバックアップ設定が入力されているので、特段何か細かい設定をする必要はありません。もちろん、好みに合わせて設定をいじることもできます。

最後に、管理画面のバックアップメニューから「今すぐ実行」をクリックすれば、導入は完了です。あとは自動的に、コンピュータのバックアップが開始されます。

設定したら、あとは任せるだけ

一度設定を完了してしまえば、残りのことはすべて、使えるCloud Backupのソフトウェアがやってくれます。普段の定期バックアップも、何かあったときの復元作業も、とてもシンプルで簡単なので、心配することは何もありません!

もし使っているときに何か分からないことがあれば、「よくある質問」など、充実したサポートページですぐに疑問を解決することができます。初心者でも安心・簡単な使えるCloud Backup。クラウド型バックアップサービスをお探しなら、ぜひ一度検討してみてくださいね。

使えるCloud Backup FAQ

admin President, XYZ Pte Ltd
About the Author
Share: