Live Chat


  1. TOP
  2. クラウドVPSの特徴
  3. 価格・スペック
  4. 機能・オプション

オプション・付加機能

様々なオプション・付加機能をご用意!

使えるねっとのサーバをより快適にお使いいただくために、様々なオプション・付加機能を厳選してご用意しています。
機能追加・アップグレードも、Tsukaeru Control Panelからカンタンに設定頂けます!
機能追加・アップグレードはこちら!

おすすめオプション ~快適にご利用いただくために~

デイリーバックアップ~万一に備え常にバックアップすることの重要性~

「デイリーバックアップ」だからこそできること
これだけは加入しておきたい。万が一のトラブル時に必須の強い味方!

お客様のサーバー環境全体を毎日自動でバックアップさせていただくサービスです。 「VIRTUOZZO」のバックアップ機能により、万が一のサーバー障害時でも、データは別のサーバーに保存されていますのでご安心です。 ※バックアップファイルの保持は2世代(最新2日分)となります。 ※万が一バックアップデータが復旧ができなかった場合には、それに対する補償として最大3ヶ月間のサーバー利用料金を無料とさせていただきます。

デイリーバックアップなら、環境まるごとバックアップ   バックアップの必要性 インターネットを活用していく上で、データ喪失が起こるリスクは常にあり、サーバーにいつどんな障害が起きるか予測することができません。大切なデータを安全かつ確実に守る為に、普段から意識して対策をとることが必要です。   バックアップした時点において最新のデータしか保存できないバックアップ方法ですと、定期的にバックアップを取る必要がありますが、使えるねっとのデイリーバックアップでは、復旧に耐えうる最新2世代のデータを保存します。同一ドライブ内ではなく別のサーバーへ環境ごとバックアップするため、ご利用中のVPSに万が一のトラブルがあった場合でも、別のサーバーから、バックアップしておいた環境まるごとの復旧が可能になっています。
全データの復旧は無料で対応致します
サーバー障害時以外でも、データ全体の復旧の場合、無料でご対応させていただきます。
デイリーバックアップをおすすめする理由

  • 毎日自動バックアップ

    弊社にて、毎日、自動でバックアップを取得し最新2世代のデータを保存します。
  • 別サーバーへ保存

    同一ドライブ内ではなく別のサーバーへ環境ごとバックアップします。別のサーバーから、バックアップしておいた環境まるごとの復旧が可能です。
  • サーバー環境全体

    バックアップデータの範囲は、サーバー環境全体となりますので、お使いのVPS環境に何らかのトラブルが発生したときに、環境まるごとの復旧ができます。
  • 復旧作業が必要な場合

    復旧が必要な場合は弊社サポートセンターへご連絡ください。
  • 国内自社DCで管理も安心

    バックアップ先のサーバーは、バックアップ専用の別サーバーとなり長野県内のデータセンターに設置されています。万が一問題が発生しても、即時に自社スタッフが対応いたします。電力供給元は中部電力となり、また停電に備えた自家発電装置も設置しています。 使えるねっとのデータセンター
  • 運用費用軽減

    自社でデータをバックアップする場合、サーバ管理費用、専門人材運用費用などが掛かります。デイリーバックアップを利用することでバックアップ設備・運用コストを軽減することができます。

価格一覧

  *弊社のデイリーバックアップサービスでは、毎日、お客様の重要なデータの バックアップ(コピー)を作成させて頂いております。万が一のサーバー障害が発生し、復旧が困難な場合は、上記のデータから復旧作業をさせていただきます。又、サーバー障害時以外で、バックアップデータからの復旧を依頼される場合、全てのデータ復旧をご希望ですと、無償で対応させて頂きます。バックアップから一部のデータのみ取り出したい場合は、恐れ入りますが有料サポートとして承らせて頂きますのでご留意下さい。 * お客様側でのバックアップのお願い 弊社で提供しておりますバックアップサービスは、お客様の大切なデータをサーバートラブルから守るためのものでございますが、100%の復旧、データ内容の保証を行うものではございません。データベースの内容やログファイルなどの重要なデータは、お客様側でもローカルへのバックアップを行っていただくなど、万一に備えた対策を行っていただきますよう、お願い申し上げます。 pesl
サービス 初期費用 月額(税抜)
ブロンズ・シルバー 無料 ¥500
ゴールド 無料 ¥1,000
プラチナ 無料 ¥2,000
お申し込み方法

スナップショット

「デイリーバックアップ」だからこそできること

「スナップショット」はお客様がバックアップを取りたいときにご利用のサーバー環境全体をバックアップする機能です。 バックアップは無制限で行えるためそれぞれの世代を別々に管理することができます。 また、バックアップデータは別のサーバーに保存されていますので、万が一のサーバー障害時にも安心です。 「スナップショット」はバックアップ1回毎の課金となります。必要な時にバックアップした回数分だけ課金されるため、余計な費用はかかりません。

スナップショットは世代無制限 スナップショットをおすすめする理由
万が一の保証あり 別サーバーへ保存
毎日バックアップ サーバー環境全体
初期費用 利用料月額
利用料金 無料 1回¥200/月+21/GB/月
※2010年4月以降に弊社をご契約いただいた方のみご利用可能です。 ※Windowsには対応しておりません。

24時間のサーバ監視体制~サーバ安定稼働をお約束します~

常時サーバーの稼働状況を監視することで、万が一のトラブルによる損失を予測し未然に防ぐことや、トラブルへの迅速な対応が可能になります。

サービス 初期費用 月額(税抜)
通常サービス監視 無料 無料
上級リソース監視 ¥3,000 ¥3,000
監視一次サービス ¥5,000 ¥8,000
※お支払い後、サービス利用開始まで3営業日程お待ちいただきます。 設定が完了しましたら弊社よりサポートメールにてお客様へ御連絡差し上げます。 ※監視項目のカスタマイズなどは、個別にお見積もりいたします。
サーバー管理者の負担、コストを減らす

サーバー監視のためにユーザー側で管理技術者が24時間常駐する必要があったり、専門ソフトのインストールの知識が必須であったものを当サービスで行えるため、監視にかける人件費も手間も負担が少なく済みます。

オープンソース・サーバー・ネットワーク管理システム「ZABBIX」採用(上級リソース監視)

「ZABBIX」はオープンソースの統合監視ソフトウェアです。サーバー、ネットワーク、アプリケーションを監視し、障害検知、通知機能を備えています。従来、高度な運用保守の実現には個別にインストールすることが必要だった複数の監視ツールやソフトは必要がなく、当ソフトウェアのみで各種設定、警告、解析データや設定、監視ステータスを高度なグラフ、マップ、レポートに表示することが可能です。従来、高度な運用保守の実現に個別に必要だった複数の監視ツールやソフトはもう必要ありません。「ZABBIX」一つで各種設定、警告、解析データの表示が実現されます。

上級リソース監視(有料サービス)

監視ステータスの表示や設定を高度なグラフ、マップ、レポートにより表示します。

監視ステータスフラフ

監視項目を見る
ハードウェア監視 監視項目 ステータス 監視方法
CPUロード(負荷)監視 対象サーバーの5分間のロードアベレージによる監視
HDD監視 サーバーに存在するパーティーション単位の使用率を監視
メモリ監視 メモリ(RAM、SWAP)の使用率を監視
CPU使用率 CPU使用率
トラフィック監視 トラフィック監視
通常監視 監視項目 ステータス 監視方法
HTTP(80番) OK 80番ポートに接続でき、”GET / HTTP/1.0″をリクエストした際にHTTPのステータスコードが400未満で応答があった場合。
WARNING 80番ポートに接続できるが”GET / HTTP/1.0″をリクエストした際のHTTPのステータスコードが400番台の場合。
CRITICAL 80番ポートから10秒以上応答がない。または”GET / HTTP/1.0″をリクエストした際のHTTPステータスコードが500番台の場合。
FTP (21番) OK ポートに接続できた場合。
WARNING ポートに接続できるが、応答に6~11秒要した場合。
CRITICAL ポートから11秒以上応答がない場合。
POP(110番) OK ポートに接続できた場合。
WARNING ポートに接続できるが、応答に6~11秒要した場合。
CRITICAL ポートから11秒以上応答がない場合。
SMTP(25番) OK SMTPポート(25)へ接続ができ、正常なステータス(220)で応答があった場合。
WARNING SMTPポート(25)へ接続はできるが、正常なステータス(220以外)の応答があった場合。
CRITICAL SMTPポート(25)へ接続できない(10秒たっても応答がない)。または接続を拒否された場合。
ご注意(予めご了承下さい。) 20分以上異常が続いた場合に実施します。上記サービス一覧に対しpingの疎通を5分間隔で監視し、4回連続で同一ステータスが表示された場合にアラートを通知します。 ウェブサーバーで basic認証を設定されている場合等にLayer 7にて80番ポートを監視しても401エラーが返されてしまう場合があります。このように現状の監視にそぐわない環境である場合はLayer 4での監視に切り替えることも可能です。 Windows VPSでのMySQLおよびPostgreSQL監視は有料サポート扱いとなります。
Ping監視 監視項目 ステータス 監視方法
ICMP OK 平均応答時間が100(ms)未満、かつパケットロスが20%未満。
WARNING 5つのパケットを送り、平均応答時間が100(ms)以上300(ms)未満、もしくはパケットロスが20%以上60%未満。
CRITICAL 平均応答時間が300(ms)以上、もしくはパケットロスが60%以上。
pingの疎通を5分間隔で監視し、4回連続で同一ステータスが表示された場合にアラートを通知します。
上級リソース監視 監視項目 (※オプション) ステータス 監視方法
HTTPS(443番) OK 80番ポートと443ポートに接続でき、”GET / HTTP/1.0″をリクエストした際にHTTPのステータスコードが400未満で応答があった場合。
WARNING 80番ポートと443ポートに接続でき、”GET / HTTP/1.0″をリクエストした際のHTTPのステータスコードが400番台の場合。
CRITICAL 80番ポートまたは443ポートどちらかから10秒以上応答がない。または”GET / HTTP/1.0″をリクエストした際のHTTPステータスコードが500番台の場合。
MySQL(3306番) OK ポートに接続できた場合。
WARNING ポートに接続できるが、応答に6~11秒要した場合。
CRITICAL ポートから11秒以上応答がない場合。
PostgreSQL(5432番) OK ポートに接続できた場合。
WARNING ポートに接続できるが、応答に6~11秒要した場合。
CRITICAL ポートから11秒以上応答がない場合。
SSH(22番) OK 22番ポートに接続できヘッダに「SSH」の文字列が含まれていた場合。
WARNING なし。
CRITICAL 22番ポートへ接続出来ない、または接続語ヘッダにSSHの文字列が含まれていない場合。
監視一次対応 (※オプション) ステータス 監視方法
上級監視サービスに加え、サービスの再起動など、弊社にて一次対応をさせていただく最も上級の監視サービスです(事前に監視項目や対応内容などについて確認)。
*月間5件まで無償で対応、以後1回あたり¥2,100。 *お支払い後、サービス利用開始まで3営業日程お待ちいただきます。 設定が完了しましたら弊社よりサポートメールにてお客様へ御連絡差し上げます。 *監視項目のカスタマイズなどは、個別にお見積もりいたします。 *ご契約中にお客様側でのメンテナンス作業ができませんので、作業をする際には事前に弊社へご連絡ください。

Parallels Plesk Panel ~お客様のサーバー環境をもっと便利に~

Parallels Plesk Panel (プレスク)により、お客様のサーバー管理がもっと便利になります。さらにPlesk 12 に新たに搭載されたセキュリティコアは、ModSecurity、Fail2Ban、Outbound Antispam などのツールを組み合わせることにより、わずかな設定でサーバからサイトまでセキュリティ保護することができます。

さらに Panel の管理者は、サーバーサイドでメールを防御(アンチウイルス)したりスマートフォンやタブレットでリモートサーバーをモニタリング管理することができます。
「ワードプレスツールキット」がウェブプロフェッショナルの負担を軽減する
「ワードプレスツールキット」 は、WordPress サイトの管理とセキュリティ保護に必要な日常業務を簡素化します。煩雑なサイト管理作業から顧客を解放するため、本来のビジネスに専念することができます。 ※ 複数の WordPress インストール、プラグイン、テーマの集中管理 ※ WordPress のインストール、更新、削除はもちろん、プラグインやテーマのアクティブ化や削除も容易 ※ 一般的に推奨されるセキュリティ設定の適用により、WordPress の安全なインストールや、インストール済の WordPress のセキュリティ強化を実現。ロールバックもサポート。
Plesk 12 のセキュリティコアでインフラのセキュリティを強化
ModSecurity についてModSecurity とは、ウェブサイトやウェブアプリケーションへの一般的な攻撃を検知および防止するウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)です。 Parallels は Atomicorp 社の業界エキスパートと協力し、同社の ModSecurity ルールを Parallels Plesk 12 エディションと統合しました。Atomicorp 社の ModSecurity ルールは、業界で最も歴史があり、最大規模で、最も広く利用されている商用 ModSecurity ルールです。 Fail2Ban について Fail2Ban とは、ログファイルをスキャンし、悪意ある挙動を示した IP アドレスからのアクセスを禁止するサービスです。 Outbound Antispam について Outbound Antispam は、スパムの送信に起因してサーバの IP アドレスがブラックリストに登録されることを防止します。
オプション 初期費用 月額(税抜)
Plesk Web Admin版(管理ドメイン数 10) 無料 ¥250〜
Plesk Web Pro版(管理ドメイン数 30) 無料 ¥800〜
Plesk Web Host版(管理ドメイン数 無制限) 無料 ¥1,500~
AtomicCorp セキュリティコア完全版 無料 ¥1,500
Kaspersky メールアンチウィルス 無料 ¥2,000※別途、よりスパムメールに特化した使えるメールバスターのご用意もあります。
複数言語利用オプション 無料 ¥500
※PleskとPleskの追加オプションのダウングレードができません。一度ご契約頂くと対象サービスをご解約になるまで解除することができません。
(旧バージョン) Plesk 10.x ~ 11.x  
オプション 初期費用 月額(税抜)
Plesk 10ドメイン 無料 ¥500 (EnterpriseVPSは¥1,000)
Plesk 100ドメイン 無料 ¥2,000
Plesk 無制限ドメイン 無料 ¥4,000
Plesk Power Pack (Postgresql管理、Tomcat管理、 Coldfusion管理、アプリパック対応) ¥3,000 ¥1,000
Dr.webオプション (アンチウイルス) ¥3,000 ¥2,000※別途、よりスパムメールに特化した使えるメールバスターのご用意もあります。
複数言語利用オプション 無料 ¥500
※PleskとPleskの追加オプションのダウングレードができません。一度ご契約頂くと対象サービスをご解約になるまで解除することができません。

各種サービス~サーバー以外でもみなさまをサポート!

属性型jpドメイン

「.jp」ドメインの一種ですが、 co.jpや ne.jpをはじめとし、国内に在住する法人・ 団体が登録対象となるドメインです。 通常の「.jp」ドメインと異なり1つの組織 につき1つしか使用することができないこと、また使用するWebサイトが日本法人であることの証明となるため、 取得することで高い信頼を顧客様へアピールすることができるドメインです。

co.jp
「co.jp」は、”日本国内に登記された企業”が “1組織につき1つに限り”登録可能のため、「co.jp」ドメインを持つ事により高い信用を得ることができます。
or.jp
非営利法人・国際機関・外国政府の在日公館等の一般社団法人および一般財団法人向けです。幅広い団体で利用できます。
ne.jp
主にプロバイダなどネットワーク関係に使用されます。多数の利用者を抱えるネットワークサービスに最適です。
ed.jp
幼稚園・保育園・小中高校など18歳未満対象の教育機関用です。
通常ドメイン

使えるねっとでは、サーバーご利用でなくても、ドメイン取得のみでもご利用いただけます。 biz com info net org jp me asia など、全26種類からお選びいただけます。お好みのドメインをお選びください。 ※使えるねっとは直接レジストリと契約を結ぶことができるIcann認定レジストラです。

SSL証明書の種類

インターネット上(サーバとユーザーのPC間)で機密性の高い情報を暗号化し、安全に送受信できるプロトコル(通信手順)です。 データの盗聴や改ざん、なりすましを防ぎ、プライバシーに関わる情報やクレジットカード番号、 企業秘密などを安全に送受信することができます。 SSL導入により、データ送信の安全性をお客様に証明しましょう。

COMODO社の商品は1つの証明書で「http://www.comodo.com/」「comodo.com」のように、 「www」がつく場合とドメインのみのコモンネームの両方に標準で対応しております。
ドメイン認証(Essential SSL)
簡単な申請とスピーディーな発行で、お客様の取引を保護します。256ビットのSSL暗号化で取引が安全であることをお客様に伝えます。
企業実在認証(Instant SSL)
非営利法人・国際機関・外国有力なWebサイトやイントラネット、エクストラネットを保護するために設計されたSSL証明書。Webブラウザを保護する専門家向けのSSL製品です。
EV-SSL(Extended Validaton SSL)
ブラウザ上でアドレスバーが緑色に変わります。 これは、認証局(CA)がお客様のサイトの実在性を、CA/Browser Forumによって制定された最も厳しい業界ガイドラインに従って確認したことを表します。
プラン
使えるメールバスター〜迷惑メールのストレスから解放〜
「使えるメールバスター」だからこそできること

使えるねっとでは、安全なメール配信が行えるSaaS型メールセキュリティソリューション「使えるメールバスター」をご提供しています。当製品は400億通のメールを監視することで、大切なメールが誤検知される確率を僅か100万分の1以下に抑えつつ、スパムメールに対して高い撃退率を誇ります。

使えるメールバスター 使えるメールバスター
メールを正確・迅速にフィルタリング
メールを正確にフィルタリング。あなたのメールを「使える」ものに。
使えるメールバスターの特徴
使えるメールバスター - CloudMailシステム
  • 使えるメールバスター

    メンテナンスフリー

    メールの判定は「使えるメールバスター」が行います。クラウド型の為お客様でパッチを当てたり、面倒なトレーニングに煩わされることはありません。アップデートも自動で完了。
  • 使えるスパムエキスパート

    検疫ありだから安心

    メールの判定は検疫ありだから、後から検知したメールを参照できますので安心です。
  • 使えるメールバスター

    独自の学習型AI

    使うほどに判別精度が上がる自己学習型AI技術搭載。新しいウイルスの流行を検出しネットワークに届く前に排除します。
  • 使えるスパムエキスパート

    フィルタの品質

    一日何百万通ものメールを監視することで、スパムメールに対し高い撃退率を誇ります。ほぼ100%のフィルタリング精度なので誤検知率はほぼ0へ。
  • 使えるスパムエキスパート

    圧倒的なコストパフォーマンス

    月額1,600円~1ドメインで100メールアカウントの登録が可能。
  • 使えるスパムエキスパート

    独自ルール設定

    ドメインごとにブラックリスト、ホワイトリストを設定可能。お客様自身で独自のルールにカスタマイズできます。
  • 使えるスパムエキスパート

    アプライアンス機器不要

    特別な機器を購入などの初期投資なしで低コスト。また専門業者によるメンテナンスやアップグレード費用も必要ありません。
  • 使えるスパムエキスパート

    メールサーバの負担を軽減

    完全クラウド型のため大量の迷惑メールが来ても、メールサーバの手前でシャットアウト。お客様メールサーバに負荷が掛かりません。
価格一覧
 
受信フィルタ 月額費用
ドメイン数 1ヵ月契約 12ヵ月契約 24ヵ月契約
1 ¥2,000 ¥1,800 ¥1,600
2 ¥4,000 ¥3,600 ¥3,200
3 ¥6,000 ¥5,400 ¥4,800
4 ¥8,000 ¥7,200 ¥6,400
10 ¥10,000 ¥9,000 ¥8,000
25 ¥12,000 ¥10,800 ¥9,600
50 ¥18,000 ¥16,200 ¥14,400
100 ¥25,000 ¥22,500 ¥20,000

※1ドメインで100メールアカウントの登録が可能です。

送信フィルタ 月額費用
ドメイン数 1ヵ月契約 12ヵ月契約 24ヵ月契約
1 ¥1,200 ¥1,000 ¥900
2 ¥2,000 ¥1,800 ¥1,600
3 ¥3,000 ¥2,700 ¥2,400
4 ¥4,000 ¥3,600 ¥3,200
10 ¥5,000 ¥4,500 ¥4,000
25 ¥6,000 ¥5,400 ¥4,800
50 ¥9,000 ¥8,100 ¥7,200
100 ¥12,500 ¥11,200 ¥10,000

「送信フィルタ」は、送信保護のないメールサーバが、スパム攻撃によってホスティングアカウントが侵害され、電子メールを送信するとブラックリストに登録される可能性を防ぎます。

詳細はこちら お申し込みはこちら
詳しくはこちら