クラウドバックアップ

3月31日は世界バックアップデー!クラウドバックアップの特別セールも

By blog Mar 30 2019

share-blog
blog-image
今月末、3月31日は世界バックアップデー。データを日頃からバックアップすることの大切さを広めるためのグローバルなイベントです。仕事でも普段の生活でも私たちの「デジタル依存」が進む中、バックアップの重要性はますます高まっています。
 
世界バックアップデーって?
世界バックアップデーは、2011年にオンラインコミュニティでの発案から始まったイベント。ついつい怠ってしまいがちなバックアップの重要性を訴える目的でスタートしました。今ではグローバルに認知され、世界のテクノロジー企業が参加する大規模なものに。3月31日という日付には、データを失うというエイプリルフールが現実にならないように、という思いが込められているのだといいます。
 
なぜバックアップがそんなに大切なの?
パソコンやスマートフォンなどに保存したデータは、私たちが思っているほど安全な状態にあるわけではありません。たとえば企業をターゲットにしたランサムウェア攻撃は、およそ40秒に一度発生しているのだとか。10台に1台のパソコンが毎月新たにウイルスに感染しているというデータもあります。
 
それに加えて、ハードディスクには消耗品のような一面もあり、いずれは寿命を迎えます。ちょっとしたダメージがきっかけで故障してしまうことも決して珍しくありません。
 
つまりバックアップをしていないと、いつどんな理由で突然データを失ってしまってもおかしくないのです。今使っているデバイスでまだ一回もバックアップを取っていないという方は、今日からでもデータのバックアップを始めてみてください。
 
クラウドバックアップのメリット
バックアップを取るのにはいくつかの方法がありますが、特にビジネス用データのバックアップに向いているのがクラウドバックアップです。実際にバックアップ手段をオンプレミスからクラウドに切り替える企業も増えています。
 
クラウドバックアップのメリットとしては、まず管理の簡単さが挙げられます。クラウドなら自社でサーバを運用する必要がないので、管理の手間とコストを大幅に削減することが可能に。バックアップの設定なども管理画面から簡単に変更できます。
 
また、クラウドバックアップはウイルスやランサムウェア対策に最適。仮に社内のコンピュータがウイルス感染してしまったとしても、物理的にもネットワーク上も切り離されているクラウド側のバックアップデータが影響を受けることはありません。
 
さらにクラウドバックアップは地理的に離れたデータセンターにデータをバックアップすることになるので、災害などの発生に備えたBCP対策にもなります。
 
人気の「使えるクラウドバックアップ」が期間限定セール!
使えるねっとの「使えるクラウドバックアップ」は、簡単・安全・低コストな人気のクラウドバックアップサービス。今回世界バックアップデーに合わせて、3/29(金)~4/1(月)の4日間限定で割引キャンペーンを開催します。キャンペーン期間中にお申し込みいただくと、ベーシックプランの利用料金が初回契約期間に限りなんと50%OFFに。滅多にない機会ですので、ぜひこのお得なセールをお見逃しなく!
 
【3/29(金)~4/1(月)の4日間限定!】
世界バックアップデーにちなんだ特別キャンペーンを開催いたします。

お申し込み時にクーポンコード「WBD2019」をご入力いただくと、
使えるCloudBackupが初回契約期間のみ最大50%OFF!

お申し込みはこちら
<< ブログHOMEへ
お問い合わせ
資料請求

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function getAnchorDetails() in /var/www/vhosts/tsukaeru.net/httpdocs/blog-detail.php:342 Stack trace: #0 {main} thrown in /var/www/vhosts/tsukaeru.net/httpdocs/blog-detail.php on line 342